ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

狭間06エピソード集

エピソード『White Line』


目次


エピソード『White Line』

登場人物

緋昏歩
最近マイクラにハマってる喫茶店の店長。
ラガルティッハ・K・U
WhiteLineという名のシステムを書いている。

本文

(ヨガのポーズ

[arca] #イスに座ったままできるよう手頃に改良した身体を活性化する運動

「ふー…」

[utako] #店長何やってるんですか
[arca] #店の入り口から除けばみえるので、あまり派手なのはしない

(イスの上で脚をピンと伸ばし制止
「すぅ…」
「……」(ぷるぷる
「ぎゃふん」(姿勢を維持しきれず背もたれにもたれかかった
「なんか踏ん張れないなぁ…。疲れがたまってるのかな?」

[arca] #今度はリラックスのポーズをとる

ラガル
(入り口に貼りついて、じろー)
「……わ」(ビク

[arca] #神楽からヒントを得た鎮座の構えを取りかけてラガルに気付いた

ラガル
(からんころんと入ってきて) 「アクロバット……プレイ?」
「プレイッテなによ!……いや、若干否定できない部分もあるけど…。一応ヨガよ、色々混ぜちゃったからもう私オリジナルの動作術みたいなものだけど」
ラガル
「あー…ヨガッてたのかー……、お邪魔しました…ソリソリ」

[utako] #クローズにプレートひっくり返す

「なんかちがう!?」
「閉めないでー」(わーん

[arca] #ラガルにすがりつく様にしつつひっくり返し直した

ラガル
「オープンスタイルかー…若いなー、歩若いなー…ラガルには真似できないなー」 (しみじみ
「だからエロ意味じゃないいてばー?一応地味なのでまとめてるんだから。それとも二階でもっとはでなのみる?」
ラガル
「ラガルはそう言うのはちょっと…、こっそりお風呂派だから…」
「お風呂でなにするのよ、えっちぃのからはなれて!」(紅茶をだしつつ
ラガル
(カウンターに座ってノートパソコン開き、ぱたぱた打ち始める) 「ストレッチの話だし」
「……なら先に言ってよ」(しおしお

[arca] #恥ずかしそうに縮こまる歩

ラガル
「歩、運動不足?」
「そう言う訳じゃないけど…強いて言えば…欲求不満?マイクラ?」

[arca] #本日のメニューカボチャプリンをだしつつ

ラガル
「マイクラじゃない。WhiteLineって言うシステム、マイクラみたいなものだけどー」

[utako] #猫背になって人差し指でひとつずつキーを打っている

「WhiteLine…聞いたことないわね。おもしろいの?」
ラガル
「スペシャルー、デンジャラァス」
「難易度高い感じなのね…」(席がわに回り込みつつ
「ほんとだ、ほとんどマイクラね」

[utako] #ゲーム画面はマインクラフトに似ているが、照明や質感がリアル。ゲーム画面の中は暗くて何をしているのかも良く分からないが、チャット画面らしきところにずっとプログラムが打ち込まれてる。
[utako] #良く分からないのにリアルって言うのもおかしかった。

「なんか言語がは知ってるけど…」

[arca] #走ってるけど

ラガル
(ぽちぽちとキーを打ち込んでる) 「ラガルが書いてる」
「へー」(すごいなーと関心

[arca] #感心

ラガル
「一応ホワイトリスト作った上でマルチ対応してたんだけどぉ、最近、侵入者多くて困りまくり……事情があって切るわけにもいかないし、罠作ってやる…」
「クラック?なんだろ、アイディア盗みたいのかな」

[arca] #徐にメモ帳取り出しつつ

ラガル
「目的は解んないし、攻撃はしてくるけど、調べてる感じばっかだし」
「ふーん……ところで、罠とかエネミーデータなら色々あるわよー」

[arca] #ふっふっふとか笑いながら
[arca] #メモ帳をパラパラしつつ

ラガル
「どんなの?」
「成層圏まで飛ばすトランポリンとか、金だらいショットガンとか。包帯男とかー」
「このメモ帳は歩ちゃんの秘密兵器。そのプログラムに併せてコンバートすればデータとして持ってけると思うわ」

[arca] #ミニサイズのスカーフェイスを召喚する

ミニスカ
「くるる」
ラガル
「コンバート、試してみる。でも……、難しいし、構想と発想は貰っちゃう!」 (ピッ、とミニスカ指差して
ミニスカ
(差し指に包帯を巻き付ける
ラガル
「ラガルができるのはせいぜい、陽の時間の調整と植物植えたり、水使う程度だから、マイクラみたいなmodの導入はウルトラハード」
「そっかー…まーアンテバベルも私とハクリンしか読めないし…私もプログラムはちょっとかじっただけなのよね」
ラガル
「脳が3つもあるもんなー…器用だなー…」 (頭にひとつ、きっと胸に2つ
「そんなにないわよ!…これは脳みそじゃないわよ」(視線に気付き
「とりあえず、このこの情報を電子化して送っとくわ」
ミニスカ
(光の粒子になり歩のパソコンへ向っていった

[arca] #そしてメールに添付されてラガルのpcに届く

ラガル
(瞬きして光の粒子を眼で追った後に、ぼぉっと何かを考えるように天井を見上げる)
「どしたの?」(一緒に天井を見上げる
ラガル
「おー…コンバート、そうだ……コンバート、変換、吸収。歩は頭良いな!それだ!褒めてつかわす!」
「え?……よくわからないけど、ラガルちゃんシナプスが閃いたのね?」
ラガル
(ぱっちーん、と歩の右乳を叩いて、眼をきらきらさせながら両手の人差し指でキーボードを押し始める) 「シナプスがM字開脚した!」
「わぶっ!?」(ぷるるん
「痛い…なにそのシナプスのでれっぷりは…」(右乳さすりつつ
ラガル
(片手でポケットから携帯を取り出し、もう片手でキーボードを打つが画面に走るプログラムの入力速度は打つ毎に速くなっていく。。指の動きは確かに速いが、遥かに多く文字が入力されている)
「龍が如くの天啓ブログみたいね…」(おお…
ラガル
(WhiteLineのシステムデータの一部をミニスカ用コンバートし、それをさらに携帯でどこかに送った様子)
ラガル
「ひっひっひっひー!!これで侵入者も泡吹いて驚くし!絶対!」

[utako] #両手を挙げた後に
[arca] #ミニスカの極み
[arca] #なんかエロい

ラガル
「あ…………、あの小さいの、食べちゃって大丈夫?」
「いいけど……、本物呼んだ時に怒られるわよ?」

[arca] #さすがに昼間の店の中で本物は呼べない

ラガル
「ラガルが食べるわけじゃないから、ラガルは怒られない!大丈夫!」
「そう…まあシステムの一部として生きてるとかなら大丈夫だと思うわ」
ミニスカ@PC
「くるる」
ラガル
「そんな感じだし、剥がすのはすぐできるから返済できるから利子なしにして、暫く貸して」
「ミニスカー君は返さなくて良いわよ。あげる。情報の本体はメモ帳だからね」

[arca] #たとえミニスカーが消滅するようなことがあってもメモ帳には影響ない

ラガル
(ミニスカを圧縮して飛ばしちゃう) 「ぽち」

[arca] #ミニスカの旅立ち
[utako] #フェロに送信され、バイクで走行中でずっこける。
[arca] #痛いw

ラガル
「ラガルの仕事おーわり!とりあえずこれで様子見ー」
「おつかれさまー」(微笑む
ラガル
「プリン食べて良い!?」
「うん、いいよ。きっと頼むだろうと思って先に出しちゃったけど」
「この前の卵のお詫びでおごりです」
ラガル
「ただめし!」
「もっとおしゃれな言い方ないの?」(うふふ
ラガル
「プライスレス・スイーツ」

[utako] #ちびちびがじがじ

「プライスはあるんだけど…サービスよ。なるべくカボチャの甘味だけでおいしくできる様にしたんだけど、どう?」
ラガル
「かぼちゃ臭くてデリシャス」
「そりゃカボチャだものっ」(ラガルのつむじの匂いをくんくん
ラガル
「ギャー!!!」 (頭突き
「いだっ…これでラガルちゃん臭いーとか言われたらやでしょー?」(くんくんしつつリラックスしたような表情
「ま、実際は良い匂いだけど」(はなれる
ラガル
「ラガルはカボチャ臭嫌いじゃないし」 (頭を抑えてぶーぶー
「言い方よー、臭いとかじゃなくて香りとかさー?」
ラガル
「かぼり」
「なんで濁っちゃったのかな」(くすり

[arca] #ぶーぶー言っているほっぺをつつきつつ

ラガル
「かぼちゃのかおり、略!」
「ありがとー」(うふふ
「色々注文付けちゃったけど、おいしいって言ってくれるのが1番嬉しいわ」

[arca] #幸せそうに微笑む

ラガル
「肉も良いけど野菜も好き。ここは色々な色の野菜があるから面白いし」
「そうね最近は色んな野菜も手に入りやすいし、火曜日のお好み焼きも結構好評だったわ」
ラガル
「フェロがお土産に買ってきたの食べた。美味しかったけどちょっとゲロっぽい、アレ」
「またそんなこというー」(ぶー
ラガル
「すっごい前にオーサカでもんじゃ食べたけど、すごかったし」
ラガル
「ハロがお店に入る前に食べたたこ焼き全部だして、見分けつかなかった」

[utako] #パッハロが

「それは本物でしょ!?て言うかなんでそんなことに…」
ラガル
「たこ焼き、たこ焼き、たこ焼き、お好み焼き、たこ焼き、たこ焼き、タイヤキ、タイヤキ、イカ焼き、でもんじゃ食べたから?」
「粉もの食べすぎじゃない?お腹壊すのも当然ね…結構く辛抱なのね」

[arca] #食いしん坊

ラガル
「ゲロ出すのにゲロ食べられないとか、ムジュンー」
「ゲロは出ていくものであって、入っていくじゃないのよー。食べ物食べてる時にそんなこと言わないでちょうだいっ」

[arca] #おでこつつく

ラガル
「マナー悪かったし、反省する」

[utako] #ちびちびがじがじ

「お仕置きとしてこんどラガルちゃんの家でもんじゃ焼き作っちゃうからね」
ラガル
「ラガルは食べられるから平気」

[utako] #腐った死体でも問題なく

「むー…まーお仕置きは冗談だから別に良いんだけど」
ラガル
「楽しみにしとく!もんじゃも好きだし」
「あー言うのは鉄板がないとだせないから、直接作りに行くしかないのよね」
「ついでにパルクールのコースとか、三階のカウンターとかもみたいし」
ラガル
「パッハロも良いってゆってたし…、多分、大丈夫?」
「そうなの?やった」(えへへ
ラガル
「カウンターが先か、コースが先かは……解んないけど」

[utako] #ちびちびがじがじ

「私はどっちが先でもいいわよー」
ラガル
「そ?パッハロにゆっとくー」

[utako] #カウンターに先に通されたら間違いなく飲まされる
[arca] #ラガルがプリンを食べる様子を眺めつつ、水を飲む
[arca] #潰される!

ラガル
(両手でカップとスプーン持って食べてたはずが、つかっていたパソコンはいつの間にか片付けられて鞄の中)
「あれ?(いつしまったんだろ」
ラガル
「ぎゅぅ…、うます、うます…」
「…ふふ(かわいいからいいや」

[arca] #母性モード
[utako] #考えてみたらプリンなのでちゅるちゅる吸ってる感じだった
[arca] #プリンちゅうちゅう
[utako] #吸いプリン

「隠し味にココナッツミルクが入ってるのよ」
ラガル
「あの……何かの種の汁?」
「汁じゃなくて胚乳なのよ?お米で言ったら米ぬかの部分」
ラガル
「……(・-・)?」
「…おししいし、身体にいいって事よ」
ラガル
「なるほどぉ……、かぼちゃやりよる」
「メインはカボチャだけど…ああココナッツミルクさん、あなたは脇役のようです」

[arca] #ココナッツミルクプリンをちらりと見せて隠す

ラガル
「明日食べる!」

[utako] #くわ!

「うん、明日ねー。冷蔵庫で冷やしておくと良いわよー」(うふふ
ラガル
(ひっひっ、と笑ってうれしそうに頷く。

[utako] #明日のお菓子確保
[arca] #フェロに言われたので今日はカボチャプリンだけ
[utako] #カロリー低くても1日1個へと
[arca] #習慣化
[arca] #ちなみにミニスカーフェイスは歩と仲のいい人の言うことも聞く
[arca] #パワーはブラックバスくらい
[utako] #地味に低いw

時系列

2012年10月

解説

マインクラフトに影響される二人。ラガルの作るWhiteLineとは一体何なのか。
The following two tabs change content below.
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL