ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

狭間06エピソード集 私立探偵部の日常

エピソード『クールに決めて』


目次


エピソード『クールに決めて』

登場人物

佐藤火星
クールに憧れる中学二年生。
国東ジャン
情緒も何もない中学二年生。

本文

火星
(・ - ・)
火星
(・`-´・)

[utako] #鏡の前でやや間抜けな無表情してたり、キリッと眉に力を入れてみたり

火星
(終いに目を細めた状態を維持しようと、顔が引き攣ってきた)
火星
「思ってるのと……、何か違うなぁ」

[utako] #ぐにぐにと顔を両手でマッサージ
[utako] #何してるかって言うと最近、クールな感じを目指してるとか
[utako] #無表情=クールの単純変換
[TK-Leana] 阿光の厨二が移った

ジャン
「なに、お腹でも痛いの?」

[utako] #言われて思い出したあの子一応クールキャラ
[utako] #正確にはルナの方目標

火星
「お腹? 痛くないよ?」

[utako] #今日も元気にお弁当二つ消化したお腹をぽんぽん叩いて

ジャン
「なんか変な顔してるからさ」
火星
「ルナ先輩みたいな……クールな感じとか、僕にもできないかなぁってさ」
ジャン
「あー。確かに、大人っぽい先輩ってあの人くらいだよな」
火星
「真似し様と思ったら、どうしても(・ - ・)こんな顔に……」

[utako] #気抜け無表情

ジャン
「人には合う合わないってのもあるんじゃない。こんな顔してたぞお前」
火星
「向いてないのかなぁ……、1年後ぐらいにはちょっとはお姉さんっぽい感じになっておきたいのになぁ」

[utako] #気質的に難しい話だった
[utako] #優しいお姉さん系ならいけそうだが

時系列

2013年5月

解説

キリッとした表情を目指す火星。人には向き不向きというものが存在してな……
The following two tabs change content below.
月影れあな

月影れあな

ログ切り人。IRCでのNickはTK-Leana。 思いつきでキャラメイクしては一発ネタで終わることが多いため、参加者ページのキャラクターリストは出オチキャラの墓場になっている。
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL