ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

国東ジャン

[HA06C]偽シーレム派電脳錬金術師:国東ジャン(こくとう・-)


語り部 キャラクター記録用紙 電子版

狭間06:偽シーレム派電脳錬金術師

個人情報

☆氏名:国東ジャン(こくとう・-) ☆性別:男
☆身長:129cm ☆体重:31kg
☆生年月日:1999年9月8日 ☆年齢:17歳
☆親族
 両親、一人っ子
☆経歴
 ヘルマン・アルバトロスの弟子として共に来日したフランス人錬金術師の母と、偶然フラスコっちを手に入れたことから電脳錬金術師の道に足を踏み入れた日本人情報技術者の父との間に生まれた、ごく普通の少年。
 ただ一つ、普通と違ったのは、幼いころから電脳錬金術師としての英才教育を施されてきたという事のみである。

 若干10歳にしてヴァーチャ・フラスコを与えられ、既に何体かの電子精霊を電網他界に解き放っている。

☆捕捉:
でんのう・れんきんじゅつし【電脳錬金術師】《用語》
 90年代初頭、NIFTYの某隠秘学フォーラムでSHEREMのハンドルを名乗る人物が、サイバースペースを疑似的なフラスコとするホムンクルスの生成理論を提唱した。

 パソコン通信を用いて情報交換を行う、一部先鋭的なオカルティストの間に置いてさえ、ばかばかしいと一笑に付されたこの理論は、数年後オカルト業界を震撼させる『フラスコっち事件』をきっかけに一躍脚光を浴びることとなる。
 97年、一世を風靡した携帯育成ゲーム『たまごっち』の海賊版商品として、製造元不明のまま流通したフラスコっちは、驚くべきことに無限の可能性を持つ情報生命体の保育器として機能した。
 さまざまなオカルト結社がその正体を見極めんと奮闘したが、直径5cmほどの楕円のケースの中にどのような秘密が隠されているのか、解き明かすことは容易では無かった。
 最初にそれに気付いたのは、公務員として事件の収束に当たっていた厚生省の特別対策室職員たちである。逆に素人に近かったことが幸いした。資料として捜査していたNIFTYの過去ログの海の中から、解析している基盤の構造が、SHEREMの記述した記事にある基礎理論と酷似していることを発見したのである。

 流通したフラスコっちは正式に確認されたものだけでも524個。未確認のものまで含めると、およそ1000個近く存在し、その半数近くが無事『孵化』を迎えた。
 彼、或いは彼女たちは、さまざまな形態の精霊や妖魔として誕生し、中には神性を得た者や、純粋な人間として受肉した者まで居たと言われている。
 こうして世に生まれおちた電脳生命体たちは、当時、まだ幼かった電網他界に広く散り渡り、今日のような多様性を生み出す礎となっていった。
 一説によると、かのロール・パンナコッタ・ガイギャックス嬢も、ASF-TRPG研究会のメンバーが育てたフラスコっちの成体であるとも言われているが。真偽は定かでは無い。

 このような電網他界の動きに対して、多くの伝統ある錬金術結社は初め、黙殺を決め込む姿勢を見せていた。
 状況が変わったのは、当時若き天才と嘱望された新イアトロ化学派の錬金術師ヘルマン・アルバトロス博士が学界からの破門を受けながらフラスコっちの解析を始め、不完全ながらも見事その機能を再現したヴァーチャ・フラスコの発明に成功した事に始まる。
 アルバトロス博士はそれを持って自ら電脳錬金術師(Cyber Alchemist)を名乗り、フラスコっちの解析から得た知識でもって、新たに電脳錬金術(Cybernetics Alchemy)の学問を興した。


にせ・しーれむは【偽シーレム派】《錬金術用語》
 2002年に電脳神格アラニエの運営する錬金術専門掲示板『蜘蛛の檻』にて公開された、SHEREMの記述とされるいくつかの論文を研究する電脳錬金術師の一派。
 ただし、この時の投降者が、90年代初頭に電網錬金術の基礎理論を確立したSHEREMと同一人物である確証はなく、また、悪戯による怪文書も混じって投稿されたため、信憑性の薄いこれらの記述は偽SHEREM諸稿と呼ばれ、真面目に取り沙汰する研究者は少なかった。
 あくまで古典錬金術への回帰を目指したアルバトロス派の電脳錬金術と異なり、SHEREMの理論を基礎として新たな発展を模索している姿勢を評価する者も少ないながら存在する。


ヴァーチャ・フラスコ《道具名》
 直径20インチ程の円柱状のガラス瓶をアクアヴィエタで満たし、サイバーホムのデータが収められた記憶媒体と接続したもの。
 原則的にスタンドアローンの環境にあり、成体になる前に外部からネットワーク接続がされたると、サイバーホムは拡散し、アイデンティティを失う。
 完全には再現されていないものの、フラスコっちと同種の機能を持つ。


サイバーホム《用語》
 正式にはサイバネスティック・ホムンクルスと言う。
 フラスコっちやヴァーチャ・フラスコによって育てられる電脳生命体のこと。



☆公開されている設定
ランク1~誰でも知っている。

ランク2~親しい仲ならば知っている。
・電脳錬金術師
ランク3~ごく一部のものしか知らない。

ランク4~本人さえも知らない。

ランク5~プレイヤーも知らない。

余力

余力総計[15] 体力[2] 集中力[13]

特徴

社会的特徴偽シーレム派電脳錬金術師:2  2012年度ウル中新一年生:3
身体的特徴チビ:1  石頭:1  三白眼:2  ゴーグル:2  力持ち:1  サイバーホムの入ったヴァーチャ・フラスコを背負っている:2
精神的特徴好奇心旺盛:3  朴念仁:1  オタク気質:2  いざという時のひらめき:3
その他特徴
一時的特徴
交友関係

技能

複合的技能電脳錬金術師:13  プログラミング:12
行動系技能運動能力:9  格闘:7  自律:7
知識系技能学業:10  一般常識:9  雑学:10
生活技能
言語技能(母国語):10
日本語:10  英語:10

所持品

衣類:ゴーグル
道具:リュックサックと一体化したヴァーチャ・フラスコ


[HA06G]立ち火星と座りジャン

投稿者 : ( 狭間06画像集 : 2013-12-20 00:19:37 )
, , , , ,

いっそ笑える身長差の二人。両方中学二年生です。マジか……

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『プレゼントは適当に』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-12-05 09:15:37 )
, , , , ,

阿光に誕生日プレゼントを用意するジャンと火星。色々性格が出ます。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『そういや部長の誕生日』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-12-03 18:31:20 )
, , , , ,

阿光の誕生日。特にプレゼントは用意して無い部員連中。わざわざ用意せんよね。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『部長のメンタル』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-12-03 18:23:20 )
, , , ,

鏡阿光について話し合うジャンとサティ。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『雨の日の暇つぶし』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 20:01:14 )
, , , , , ,

雨の日はやる事がなくて色々暇な私立探偵部二年組。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『火星マッスル』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 18:38:21 )
, , , , , ,

園芸部の活動をする火星。重い荷物も片手で持ち上げるマッスルボディを密かに気にする。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『いたずらジャン』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 18:30:27 )
, , , , ,

昼寝している火星の髪に悪戯するジャン。これがカウラなら冗談じゃ済まない事に。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『火星メット』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 18:12:10 )
, , , , , ,

湿気でくせ毛が気になる火星。ヘアスプレーすると変に固まってしまったので、ヘルメットをかぶって隠すという奇行に出る。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『デルマ』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 14:41:00 )
, , , , , , ,

水着とか着て雑誌モデルをする火星。やはり知り合いに見られるのは恥ずかしい。

>> 続きを読む

[HA06P]エピソード『クールに決めて』

投稿者 : ( 狭間06エピソード集 : 2013-11-29 14:03:09 )
, , , , ,

キリッとした表情を目指す火星。人には向き不向きというものが存在してな……

>> 続きを読む

1 2 3 4 >