ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

語り部 キャラクター記録用紙 電子版

霞ヶ池の闇:SheSayVerNoLow

個人情報

☆氏名:能登紫音(のと・しおん) ☆性別:女
☆身長:144.5cm ☆体重:32kg
☆生年月日:1999年6月14日 ☆年齢:19歳
☆親族
養父 
☆経歴
能登紫音は病弱であり、貧弱であり、脆弱であり、虚弱であり、薄弱である。
能登紫音はすぐに死ぬ。
能登紫音はすぐに蘇る。
能登紫音は何もないところで転ぶ。
能登紫音は声がか細い。
能登紫音は笑い方が怖い。
能登紫音は好き嫌いが多い。
能登紫音は少し悪趣味。
能登紫音は京都弁を話す。
能登紫音は友人を大事にする。
能登紫音は負けない。
能登紫音はかわいい。

 能登紫音は本来明朗快活で文武両道かつ才色兼備及び眉目秀麗な女子に生ま
れる定めであった。
 しかしその父親はまだ生まれていないわが子の未来を犠牲に多大な富と名声を
得ようと、禁忌に手を出した。
 その結果、能登紫音は四十八の呪いを受けた状態で生まれることとなる。
不幸の象徴となった能登紫音を家に置くのを嫌がった父親は、紫音の母の制止も
聞かず、とある教会へと能登紫音を捨ててしまう。能登紫音の呪いの力によって
その教会は破滅し、その後も孤児院や養護施設を転々とするが、そのすべてが
ことごとく滅びの道を歩む。
 あるとき能登紫音は一人の男に拾われる。その男は呪術の専門家だった。
男は能登紫音に興味を示し、自宅へと連れ帰り研究の対象とする。
男は能登紫音にとっては初めての、呪いを気にせずに付き合える相手であった。
研究対象として扱われ、虐待とも呼べる仕打ちを受けながらも懐いてくる能登
紫音に男はいつしか情にほだされ、能登紫音を普通の女の子として生きられる
ように学校に通わせてやることにした。
呪術の専門家である男にとっても能登紫音の呪いは強大で、それを完全に消し
去ることはできず、呪いの効果を軽減し、周囲への影響を抑えるに留まった。
しかし能登紫音にとってその効果は大きく、十全とは言えないまでも、人と
ふれあい、破滅させることを気にせず接することができるようになった。
能登紫音は思う。
ともだちぎょうさん、できるやろか。

余力

余力総計[15] 体力[0] 集中力[0]

特徴

社会的特徴JC:3
身体的特徴痩せ型 白い 先端がウェービーで末広がりな黒髪ワンレングスのベリーロング
骨美人 細く長い首 洗濯板 声がか細い 好き嫌いが多い 小食(あんまりたべられない)
精神的特徴ネアカ 自己犠牲を厭わない(たとえ呪いがなかったとしてもそうするだろう) アクティブ 好奇心旺盛 仲間意識が強い 同志というものへの憧れ 不屈
その他特徴京ことば ギフト:3
一時的特徴
交友関係

技能

複合的技能死を撃鉄とする四十八の呪い:15 呪い:不死の呪い まがまがしい雰囲気の呪い 声絞りの呪い 才気潰しの呪い 虚弱の呪い 不幸の呪い 飢えの呪い 愚鈍の呪い 終わらない苦痛の呪い 渇きの呪い 悪疫の呪い 孤独の呪い
行動系技能運動能力:10  格闘:7  自律:7
知識系技能学業:  一般常識:  雑学:
生活技能
言語技能(母国語):10

所持品

衣類:
道具:

作品リスト

    小説

    エピソード

The following two tabs change content below.
クロウ

クロウ

えをかいてえをかいてえをかくよ。リクエスト常時募集中。受付率28パーセントくらい。
クロウ

最新記事 by クロウ (全て見る)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL