ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

語り部 キャラクター記録用紙 電子版

狭間06:ものぐさライター

個人情報

☆氏名:榊戸藍九郎(さかきど・らんくろう) ☆性別:男
☆身長:179cm ☆体重:73kg
☆戸籍上の生年月日:1983年11月16日
☆生年月日:実際の生年は不明。何年かずれている? ☆年齢:38歳()
☆親族
 両親健在、兄が1人あり。
☆経歴
 優しい両親に育てられ、できた兄の背中を追いかけるようにして"それなりにできた"人間を目指す「凡人」。
無難に学生生活を全うするも、就職浪人・プーとなりはや数年。
「中途採用」にひっかかるようにしてつかんだ「情報誌ライター」の職も、
初めての飲み会の席で「正体不明になるほど酔いつぶれた」のが悪かったのか、
翌日には「栄転」という触れ込みで、「吹利市支局」へたった一人飛ばされる羽目になった。
「まぁ、コイツが似合うようになれば一人前さ。そうすりゃどこでも生きていける」
その一言と、今着こんでいるこのくたくたのトレンチコートは教育役だったはずの先輩から最後にもらったものだ。

 そういえば、吹利市といえば"あいつ"がいたっけなぁ……

☆補足:(用語)
・能力:溺れる者は藁をもつかむ
瀬戸際に居る人は、なにするかわからない。
固体の状態にある物質に潜り込む能力。

基本的に「お酒を飲むと勝手に発動する変な力」という認識。
ただし、(今分かっている限り)大地とそこに息づいている自然物は無理。


☆公開されている設定
ランク1~誰でも知っている。
・いつもくたくたのトレンチ着てる野暮ったい男。
・平日休日・昼夜を問わずよく見かける。
ランク2~親しい仲ならば知っている。
・おいしい酒を見つけて飲むことが何よりも好き。
・好奇心旺盛とでもいうべきか、なんにでも首を突っ込む。
ランク3~ごく一部のものしか知らない。
・酒好きという割に、実は飲む量が少ない。
ランク4~本人さえも知らない。
・「初めての飲み会」で"自分が何をしたのか"
ランク5~プレイヤーも知らない。
・生年

余力

余力総計[15] 体力[6] 集中力[9]

特徴

社会的特徴雑誌記者:2 雪国生まれ:2 モノカキ:3 
身体的特徴近眼:2 やせ型:2 不器用:3
精神的特徴雑学好き:3 読書好き:2 世話焼き:1 アナログ好き:1
その他特徴散歩好き:1 観察好き:2
一時的特徴
交友関係無戸室近衛:2 ラビ:2 水都纏:1

技能

複合的技能物書き:13  資料集め:10
行動系技能運動能力:10  格闘:7  自律:9
知識系技能学業:9  一般常識:10  雑学:11
生活技能料理:7  掃除:9
言語技能日本語:10  英語:8

所持品

衣類:トレンチコート,スーツ,ジーンズ、眼鏡
道具:メモ帳,万年筆,携帯端末,自転車

作品リスト

    画像データ

    小説

    エピソード

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL