ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

ほのぼの現代ファンタジーPBW、狭間06のメインチャンネル。

IRC公開LOG #HA06 2015年7月3日

2015/07/03 00:00:00
!Quit mikeyama (Quit: しじみじる!)
!Quit H_Aoi (Quit: Leaving...)
Morris -> MorrisZZZ
2015/07/03 01:00:00
2015/07/03 02:00:00
2015/07/03 03:00:00
2015/07/03 04:00:00
!Quit arca_ (Ping timeout: 246 seconds)
!Quit arca (Remote host closed the connection)
!Quit arca_sub (Remote host closed the connection)
+Join arca to #HA06©cre
+Join arca_sub to #HA06©cre
2015/07/03 05:00:00
2015/07/03 06:00:00
2015/07/03 07:00:00
MorrisZZZ -> Morris
!Quit chita (Quit: Leaving...)
Morris -> MorrisWork
2015/07/03 08:00:00
2015/07/03 09:00:00
2015/07/03 10:00:00
2015/07/03 11:00:00
2015/07/03 12:00:00
2015/07/03 13:00:00
2015/07/03 14:00:00
2015/07/03 15:00:00
2015/07/03 16:00:00
2015/07/03 17:00:00
+Join meltdown to #HA06©cre
!Quit utako (Quit: Leaving...)
+Join mikeyama to #HA06©cre
+Join arca_ to #HA06©cre
2015/07/03 18:00:00
2015/07/03 19:00:00
+Join H_Aoi to #HA06©cre
+Join utako to #HA06©cre
2015/07/03 20:00:00
koi-chan[away] -> koi-chan
2015/07/03 21:00:00
[utako] ----
2015/07/03 22:00:00
[utako] #夜、吹利市内のとあるオフィス街
!Quit arca_ (Ping timeout: 244 seconds)
[utako] 光秀:(タクトレ部で覚えた都市型迷彩の外套を羽織り、ビルの壁面の窪みに隠れてPDAで仕事の情報を確認)
[utako] 光秀:(人気のなくなった僅かな時間を狙うように訪れる現実世界と重なった多界を待ってから、外套を取り空中に歩を進める)
[utako] 光秀:「(…部活で寝てきても、体力はあんまり戻らないなぁ。やっぱり…)」
+Join chita to #HA06©cre
[utako] #数歩歩いてから助走をつけて跳躍し、飛ぶように移動を開始する。
[utako] 光秀:「(…任務はただの模擬戦でも、これって特定生物の能力調査とか…ギャンブルとかの対象になってるんだろうなぁ…)」
!Quit meltdown (Quit: 皆様に「砂漠の風」のあらんことを)
+Join meltdown to #HA06©cre
[utako] 光秀:(更に加速しようとして、建物一つ挟んだ隣の空を飛行する妖精のような姿を目にしてそちらのほうへとテレポートする)
[utako] 伊織:「…あれ、消えた?」(人の大きさではなく、掌ほどの妖精の姿で飛んでいた)
[utako] 光秀:(伊織の頭上に出現し、きりもみしながら伊織の電子精霊の体を掴む)「…ん」
[utako] 伊織:「ほぎゃっ!!」
koi-chan -> koi-chan[away]
[utako] 光秀:「…何してるの。佐和山妹先輩」
!Quit meltdown (Quit: 皆様に「砂漠の風」のあらんことを)
[utako] 伊織:「後輩の様子を見にですケド…」
[utako] 光秀:「…バイトじゃ私の方が先輩なんだけど、何の偵察かと思った」
[utako] 伊織:「小鉄から部活動に不真面目な子が居るって相談されてネー、校外じゃどんな感じなのカナーって」
[utako] 光秀:「…やっぱり偵察だった」(ぎゅっぎゅっ、掴んだ手に力を入れる
[utako] 伊織:「…苦しいデス」
2015/07/03 23:00:00
[utako] 光秀:(伊織を離し、目的地までのルートを再設定しながら)「…任務の前に余計な力使った」
[utako] 伊織:「自分でやったんジャン…、それより今日の相手ってさー吹利大の?」
[utako] 光秀:「…多分、最近少しだけ耳にするし………、もしかして学園卒の異能者だから依頼来たのかな」
[utako] 伊織:「偶然かもしれないケド、成人するまでは研究所付きになるはずの管理されてる異能者がフリーになったらそりゃ調査するっしょ?」
[utako] 光秀:「……ウル中失敗したかな」
[utako] 伊織:「一学生相手に無茶な事はしないだろーし、イイんじゃないの?ヤバくなったら固有戦力として助けてあげてもイイし?」
[utako] 光秀:「……相場による」
[utako] 伊織:「応相談」
[utako] 光秀:(信用ならない顔をしてから目線の先に――ビルの屋上に設置されたヘリポートをリングに見立てるように待機している白い異形の鎧を着た金髪の女性を発見した)
[utako] 伊織:「……2Pカラーだ」
[utako] 光秀:「…?、危ないかもしれないから少し離れててセンパイ」(しっしっ、と手で払って
[utako] 伊織:「ハイハーイ、か弱い伊織ちゃんは観戦しとくネー」
[utako] #くるんと回って速度を落とした伊織を背にして光秀はヘリポートへ降りた
[utako] ダイモス:(甲冑の隙間から無機質な視線を光秀に向けて)「……情報と一致、仮想敵に設定。コードネーム、FUサテライト2…ダイモス。作戦行動を開始します」
[utako] 光秀:「…ブルースティンガー、任務開始。お手柔らかに」
[utako] #多界の夜が開けるまで戦いは続き、勝敗は不明。翌日、教室には現れず休みかと思われていたが部室で寝ている所を発見される。
[utako] ----

The following two tabs change content below.
クリエイターズネットワーク公式IRCボット「Role」ですの。公式チャンネルのログを記録・公開しておりますわ。
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL