ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

ほのぼの現代ファンタジーPBW、狭間06のメインチャンネル。

IRC公開LOG #HA06 2013年2月9日

2013/02/09 00:00:00
[utako] 近衛:「現代に近い文明は稀だ。国と呼べるまで街が広がれば…魔法文化が出てくるような気もすんだが衰退も早ぇ。ハングリー精神ってのが全体的にねぇさな」
[TK-Leana] ローザ:「なるほど、緩やかなんですね、この世界は……」
Morris -> MorrisZZZ
[utako] 近衛:「中には文字通り飢餓がねぇのも居るんだがな……緩く見えて、普通の人間には辛ぇ世界さ。適した力がねぇと、1日ももたねぇしな…」
[utako] #思い出すように言って、ぼりぼりと頭を掻く
[TK-Leana] ローザ:「近衛さんは適応出来たんですね、この地で100年も」
[utako] 近衛:「生き残れたのは運が良かったからだな。適応出来たのも、結局は運良く仲間が出来たからさ。それも100年しか続かなくてな…、その後は動く死人にも似てたさな」
[TK-Leana] ローザ:「……思ったよりは危険な状況だったんですね」
[utako] 近衛:「旅には危険がつき物って言うじゃねぇかい」
[TK-Leana] ローザ:「わたくしの知らない所で危険な目に合うのは不満です! 逆の立場だったら、近衛さんは……」
[TK-Leana] # 我が身を省みて
[TK-Leana] ローザ:「……まあ、仕方ない事もありますよね」
[utako] 近衛:「逆の立場なら……、全力で助けに行く。俺の助けが間に合わずに…それでもローザが無事に帰って来てくれりゃあ嬉しいが、助けに行けずにすまねぇ…ってな後悔するだろうな」
[TK-Leana] ローザ:「……知らない所で、ですわよ近衛さん。大体何の前触れもなく100年過ごしてました、なんて言われてわたくしにどう察知しろというんですか」
[utako] 近衛:「とりあえず、『おかえり』を言ってやってくれると嬉しいさな」
[TK-Leana] ローザ:「言ってきますも言えない夫にかける言葉はありません」(つーん)
[TK-Leana] # まあ、お帰りなさいって言ってた気はするが
[utako] #たしか言ってた
[utako] 近衛:「た、ただいまは言っただろう…ただいまは。イズナの婆さんもたぶん、死に掛けそうだったなら……出してくれた気がするさな。多分……きっと」
[utako] #死んだら死んだで「ふむ、仕方ない」とか言ってそうな気もした
!Quit mikeyama (Ping timeout: 121 seconds)
[TK-Leana] ローザ:「希望的観測じゃないですか。もう、男の人は本当にふらふらと、糸の切れた凧みたいに飛んで行ったきり戻ってこないんですから」
[utako] 近衛:「死んでも戻って来るさ。それだけは何百年何千年も心にあった」(繋いだ手を強く握って、にかりと笑う
[TK-Leana] ローザ:「何千年は盛り過ぎでしょう。ふふ」
2013/02/09 01:00:00
[utako] 近衛:「尾ひれつけといた方が心に残るだろ?」(笑って
[TK-Leana] ローザ:「そういうのをキザっていうんですよ」
[utako] 近衛:「俺もついに……キザな台詞が言えるようになったか。(顎を撫でて何故か感慨深くつぶやき) ……俺の凧の糸は赤いから、中々切れねぇさな。」(フッと格好つける風に
[TK-Leana] ローザ:「ご自慢の赤い糸を垂らし過ぎてがんじがらめにならない事を切に祈りますわ」
[utako] 近衛:「本当にな。……俺にキザは難しい」
[utako] #ちゅん…と小さくなりつつ、気づけば街の入り口。
[TK-Leana] ローザ:「こんな荒野のど真ん中にあるにしては、大きな街ですね」
[utako] #高くても3階立てで、中東に見られるような石造りの建物が並んだ大きめの街。
[utako] #街の中心らしいところには一つ、他とは意匠の違う白い塔が立っている。
[utako] 近衛:「近い所の村が集まったんだろう。それに、この街の人間の繁殖能力が高ぇのかもしれねぇ」
[utako] #笑い声がして走っていく子供がサボテンマンみたいな人間と言うよりは人型の植物だった。
[TK-Leana] ローザ:「進化の系統樹も、地球とは大分違いますわね」
[utako] 近衛:「逆に、俺達みたいな人類には……生きてる人類には会った事はねぇさな。ここじゃ、俺は適当に集団で文化を持つ人型を纏めて人類と呼んでる。人種別に分けるには……種類が多すぎる」
[utako] #異人を確認して街の人も物珍しく視線を向けてくるが、手を引いて構わず街の通りを進んでいく。
[TK-Leana] ローザ:「姿形が全く違う生き物が突然現れたのに、対して騒いだりはしませんのね」
[utako] 近衛:「昼間に動いてる生き物に対して警戒心がねぇのさ。夜に来ちまってたら……最悪、襲われてるかもしれねぇが」
!Quit Hisasi (Quit: Leaving...)
[utako] #子供は普通に遊んでいるが、成人らしい固体はのんびりした様子。枯れかけて髭の生えてる個体はさらにのんびり。
[TK-Leana] ローザ:「夜は危険なんですか?」
[utako] 近衛:「夜も篭りきりだから言ってなかったが、夜は…外出しねぇほうが良い。化け物やら獣やらが出て来やがってな。家の中までは進入して来ねぇが、うっかり出歩くとすぐ食われちまうさな」
[utako] #真剣な顔で
[TK-Leana] ローザ:「なるほど、魑魅魍魎の跋扈する世界なんですね」
[utako] 近衛:「そうさな…自然とはちょいと違う、死の多い世界さな」
[TK-Leana] ローザ:「彼らと言葉を交わす事はできるんですか?」
2013/02/09 02:00:00
[utako] 近衛:「あぁ。人語とはちょいと違うが、ジェスチャーと言うか……俺は所作を暫く観察しねぇといけねぇが、1時間もあれば問題ねぇ。ローザは植物やらとは会話は出来たか?」
[TK-Leana] ローザ:「動植物と、という意味では出来ますが。言語野が発達している相手だと無理ですね」
[utako] 近衛:「そうか。そうなると……普通に交渉してくるか」
[TK-Leana] ローザ:「そうですね。食文化なんかも、色々気になります」
[TK-Leana] # と、そろそろ流石に眠い
[utako] #おすおす
[utako] #ちょっと寒すぎてどうにかしないと危ない気がしてきた
[TK-Leana] 火を放て
[utako] さっさと布団に潜ってあったかくなるのをまつのだ
[utako] まつ、、、のだ、、、
[TK-Leana] 焼死したか凍死したかどっちだろう
TK-Leana -> TK-Leana_sleep
[utako] すやんげやんげ
2013/02/09 03:00:00
!Quit MOTOI (Ping timeout: 121 seconds)
!Quit utako (Quit: Leaving...)
2013/02/09 04:00:00
2013/02/09 05:00:00
2013/02/09 06:00:00
2013/02/09 07:00:00
+Join MOTOI to #HA06©trpg.net
2013/02/09 08:00:00
!Quit MOTOI (Quit: Zzz……)
2013/02/09 09:00:00
2013/02/09 10:00:00
MorrisZZZ -> Morris
+Join utako to #HA06©trpg.net
Morris -> MorrisAFK
2013/02/09 11:00:00
2013/02/09 12:00:00
+Join mjolnir to #HA06©trpg.net
!Quit utako (Quit: Leaving...)
+Join utako to #HA06©trpg.net
2013/02/09 13:00:00
MorrisAFK -> Morris
2013/02/09 14:00:00
2013/02/09 15:00:00
Morris -> MorrisAFK
[TK-Leana_sleep] http://kataribe.jp/ha/ha06/ha06p/3795.html
+Join mjolnir_ to #HA06©trpg.net
!Quit mjolnir (Ping timeout: 121 seconds)
+Join H_Aoi to #HA06©trpg.net
2013/02/09 16:00:00
MorrisAFK -> Morris
+Join mjolnir to #HA06©trpg.net
!Quit mjolnir_ (Ping timeout: 121 seconds)
2013/02/09 17:00:00
!Quit mjolnir (Ping timeout: 121 seconds)
+Join mjolnir to #HA06©trpg.net
2013/02/09 18:00:00
!Quit mjolnir (Ping timeout: 121 seconds)
+Join mjolnir to #HA06©trpg.net
+Join meltdown to #HA06©trpg.net
TK-Leana_sleep -> TK-Leana
2013/02/09 19:00:00
asahiya[sick] -> asahiyaway[Busy]
2013/02/09 20:00:00
2013/02/09 21:00:00
[TK-Leana] ごろごろ
[TK-Leana] 昨日の続きやる?
[utako] おうえい
[TK-Leana] ---
[TK-Leana] ローザ:(言葉が通じないなりに身ぶり手ぶりで、子供から遊びを教わっている)
[utako] #ケンケンパのように身体を使って遊ぶものや石を転がして遊ぶ様などこの国でもありそうな遊びやってたり
[utako] 近衛:(子供のしぐさや言葉、それを近くで見ている成人の会話を暫く観察していたが…子供に近づいて、2、3言語りかけ、声を出して笑う)
[TK-Leana] ローザ:「? 今何と仰ったんです?」
[utako] 近衛:「髪の色と髪型と、面白い頭だってよ」
[TK-Leana] ローザ:「彼らから見たら異形でしょうに、面白いで済んでしまう辺りは、やはり呑気な気質なんですね」
[utako] 近衛:「みてぇだな。呑気な癖に街がでけぇのは気になるが…、どうにもすぐに経つ必要はなさそうさな。(調査している時の調子で言って) って…風呂借りたらフィネストラに戻るか?」
[TK-Leana] ローザ:「あちらの方ではどのくらい経ってるのかしら」
[utako] 近衛:「まだ3日目だ。2、3時間、て所だろうな」
[utako] #夕食が早めだったとして21~22時ぐらい
[TK-Leana] ローザ:「本音を言えば、もう少しこの世界を見て回りたいですが……機会はいくらでもありますものね」
H_Aoi -> H_AoiFuro
[utako] 近衛:「そうさなぁ…休みの日にでもゆっくり、次は初めから旅をする予定で来るのも良いさ」
[TK-Leana] ローザ:「ええ……楽しみですわ、そういうの」
[TK-Leana] # いつか近衛を旅に誘った事を思い出して、少し目を細める
[utako] 近衛:「その時には、管理人代行に色々任せちまって、俺も初心に帰ってみるかねぇ」
[TK-Leana] ローザ:「あら、ニューゲームみたいなものですか」
[utako] 近衛:「あぁ。俺自身、こっから先の南部は調査不足だ。ちょいと危険もあるだろうが、旅するならまだ見ぬ所へ…てな」
[TK-Leana] ローザ:「危険を冒すから冒険というのです。安全な所を巡るだけなら、単なる旅行ですわ。旅行も好きですが」
[utako] 近衛:「旅行も今は安全って言えねぇぞ。知らねぇ土地でうっかり裏路地に入っちまって、何万もする時計を押し付けられたりとか……」
[TK-Leana] ローザ:「そんなものは危険とは言いません、迂闊というんです」
[utako] 近衛:「迂闊も危険の内さ。……うっかり巣穴に引っ掛かっちまう事もあるからな」
2013/02/09 22:00:00
[TK-Leana] ローザ:「程度の問題ですわ」
+Join Hisasi to #HA06©trpg.net
H_AoiFuro -> H_Aoi
[utako] 近衛:「うっかりでも命を落とすような事は避ける様にするが、怪我はするかもしれねぇさな。…………一応、確認しとくが平気か?」
[TK-Leana] ローザ:「わたくしに聞きますの、それを?」
[TK-Leana] # 艶やかに笑う
[utako] 近衛:「髪がばっさりいったりしたら……とか、考えるとな」
mjolnir -> Mjolnir_Sleep
[TK-Leana] ローザ:「問題ありません。そうなったら自分の未熟を悔やむまでですわ」
[utako] 近衛:「あんまり良くはねぇが……、心配しすぎるのも余計か」(心配を少し引っ込めて顎を撫でながら、うぅむ…考える
[TK-Leana] ローザ:「心配はお互いさまでしょう?」
[TK-Leana] # くすくす
[utako] 近衛:「むしろ身体の弱さなら俺の方が心配される方か…」(ぽりぽりと頭を掻いて
[TK-Leana] ローザ:「ええ、そういうセリフは一度くらいわたくしに勝ってからおっしゃってください」
[utako] 近衛:「どうせ余計な心配だったさな。」(くー、と悔しそうな顔をして
[TK-Leana] ローザ:「ふふ。所で、お風呂は借りられそうなんですか、近衛さん?」
[utako] 近衛:「おっと…」(親サボテンに尋ねに行き、暫く会話してから戻ってくる)
[TK-Leana] ローザ:「どうでした?」
[utako] 近衛:「宿みてぇな施設はねぇようだが、水場は誰でも使えるらしい。井戸の近くにある空き家を紹介してくれるみてぇだから…、拠点確保ついでに風呂は作るさな」
[utako] #ママさん達みたいな集まりがこっちよ、と言うように歩いてく
[TK-Leana] ローザ:「あっさり言いますわね、作るんですか?」
[utako] 近衛:「洒落っ気はねぇ石釜に焼石放り込んだような風呂さな。どうにも、ここの奴らは風呂には入らねぇらしい」
[TK-Leana] ローザ:「まあ、植物ですものね。熱湯は好まないでしょう」
[utako] 近衛:「水の消費自体少ねぇ上に、潤った水源があるから使って良いとよ。食料は水以外に飯は食うみてぇだが、興味があるなら少し頼んでみるか?」
+Join MOTOI to #HA06©trpg.net
[TK-Leana] ローザ:「そうですね、口に合うかどうかは不安な所もありますが、何事も挑戦です」
[TK-Leana] # 楽しげに
2013/02/09 23:00:00
[utako] 近衛:(そのままサボママに着いて行き、町の中心に立つ塔の近くの空き家へ。同じく塔の近くに水場もあり、礼も兼ねて一緒に靴下等の布類を数個渡して食事も頼む)
[TK-Leana] ローザ:「あれは、物見の塔でしょうか」(物珍しそうに)
[utako] 近衛:「物見台なら…、街の境に作るんじゃねぇか?」
[TK-Leana] ローザ:「そうですね、大きな街ですし、中央にあるなら火の見櫓かしら?」
[utako] #12
[utako] #12畳程度の豆腐のような土壁の平屋。家具類は古いものが置いてあるが、ちょっと埃っぽい
[utako] 近衛:「火の見櫓なら、用途は街の監視って事か」
[utako] #窓際から塔を眺めつつ
[TK-Leana] ローザ:「或いは、宗教施設かもしれませんし、権力の誇示かもしれません。興味が尽きませんわ」
[utako] 近衛:「神様を信じてる村は大抵、与える者だか…なんだったか。旅してた管理人を崇拝してる所もある。ここの土はどこも硬ぇ上に下手に掘り返すと巣穴を突付いちまうから、低いリスクで住居を作る旅人は始祖になり易いのかもしれねぇ」
[utako] 近衛:「これだけ街がでかいと、建材を確保できる奴がいるんだろうが……権力の誇示なら、それはそれでこの街は国になるかもしれねぇな」
[TK-Leana] ローザ:「未だ発展途上なんですね。のんびりしとした気質なのに大きい街になったのに違和感が、という事でしたら、力を持った権力者が居るのかもしれません」
[TK-Leana] ローザ:「未だ発展途上なんですね。のんびりとした気質なのに大きい街になったのに違和感が、という事でしたら、力を持った権力者が居るのかもしれません」
[TK-Leana] # 訂正
[utako] 近衛:「そうなると、そいつは珍しい面白ぇ進化だ。中心地近くに住んじゃ居るだろうが……それより、まず風呂と飯だな」
[utako] #歩いてきて、汗もかいたせいで身体が臭い
[TK-Leana] # 元々汚れてたしね
[TK-Leana] ローザ:「ええ。数日ぶりにさっぱり出来ますわ」
[utako] 近衛:「水を頼めるか?俺は裏に風呂を作ってくるさな」
[TK-Leana] ローザ:「ええ、お願いします」
[TK-Leana] # うきうきと用意を
!Quit meltdown (Quit: 皆様に「砂漠の風」のあらんことを)
[utako] #初めは穴を掘って、というつもりだったが結局、石風呂釜を作ってしまった。何か色々とやりたくなってしまったのだろう
[utako] 近衛:(目隠しに簾が欲しくなったりして、近所に良い材料がないか相談しに行ったり、嫁が水汲みしてる間にうろうろしてる)
[utako] 近衛:「あ……脱衣所も」 (懲りたくなってきた
[TK-Leana] ローザ:「近衛さん、無駄に凝ってるんじゃありませんの?」
[utako] 近衛:「塔からも外からも見られねぇようには……したが、何かこう…、石畳と柵と、この辺に造花でも飾る花瓶も…欲しくなってきたさなぁ…」
[TK-Leana] ローザ:「今はドラム缶くらいのクオリティで良いんです! そういうのは次に来たときにしましょう」
[utako] 近衛:「……そうするかねぇ」
[utako] 近衛:(ついでに調達してきた白い薪のようなものを釜の中に放り込んで火をつける)
[utako] 近衛:「力仕事任せられんのはかなり助かるさなぁ」
[TK-Leana] ローザ:「近衛さんも最近はがっしりしてきてるじゃないですか」

The following two tabs change content below.
クリエイターズネットワーク公式IRCボット「Role」ですの。公式チャンネルのログを記録・公開しておりますわ。
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。