ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

ほのぼの現代ファンタジーPBW、狭間06のメインチャンネル。

IRC公開LOG #HA06 2013年1月20日

2013/01/20 00:00:00
Morris -> MorrisZZZ
2013/01/20 01:00:00
!Quit Hisasi (Quit: Leaving...)
2013/01/20 02:00:00
!Quit H_Aoi (Quit: おやすみなさい)
2013/01/20 03:00:00
2013/01/20 04:00:00
2013/01/20 05:00:00
+Join kisito to #HA06©trpg.net
!Quit kisito_ (Ping timeout: 121 seconds)
2013/01/20 06:00:00
+Join utako to #HA06©trpg.net
2013/01/20 07:00:00
+Join kisito_ to #HA06©trpg.net
+Join meltdown to #HA06©trpg.net
!Quit meltdown (Quit: 皆様に「砂漠の風」のあらんことを)
!Quit kisito (Ping timeout: 121 seconds)
+Join meltdown to #HA06©trpg.net
2013/01/20 08:00:00
2013/01/20 09:00:00
2013/01/20 10:00:00
2013/01/20 11:00:00
2013/01/20 12:00:00
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
2013/01/20 13:00:00
MorrisZZZ -> Morris
!Quit koichanSRV (Ping timeout: 121 seconds)
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
!Quit koichanSRV (Ping timeout: 121 seconds)
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
!Quit koichanSRV (Ping timeout: 121 seconds)
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
2013/01/20 14:00:00
+Join H_Aoi to #HA06©trpg.net
Morris -> MorrisAFK
2013/01/20 15:00:00
2013/01/20 16:00:00
(utako) ----
(utako) #年明け前、吹利大学。イズナゼミ
(utako) 火星:(年末最後の実験に呼ばれて、試験モジュールの中でテストスーツに着替え、各種センサーやヘッドマウントディスプレイを着けた状態で待機)
(utako) 火星:(感覚手袋を外した状態で物を持つのが既に不便に感じつつも、身体から計器に繋がっているコードを外さない様に柔軟)
(utako) 青年:『ごめんね、火星君。冬休みだって言うのに付き合ってもらって』
(utako) --
[utako] 続
[utako] --
[utako] 火星:「宿題とかちゃんとやってますから、大丈夫ですよ」(ガッツポーズ見せて
[utako] 青年:『はは…、じゃぁ以前と同じゲームみたいな感じだから気軽に遊んで行ってね』
[utako] 火星:「はい」
[utako] #眼を閉じて身体の力を抜く
!Quit koichanSRV (Ping timeout: 121 seconds)
[utako] #義手に幾何学的な模様が一瞬浮かび上がり、火星は半身、WhiteLineに跳ぶ。
[utako] --
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
[utako] #初めに眼に映ったのは降り積もる白い雪。
[utako] #空には灰色の分厚い雲があり、ガウスのかかった白い大地と暗い空が曖昧な地平線を標していた。
[utako] 火星:「……寒っ!?」
[utako] 火星:「あれ!?前のシューティングゲームじゃなくて、え……あ、あの、それより寒いのは…」
[utako] #耳に手を当ててマイクに向かって話そうとするが冷たい義手が耳に冷やりと当たって飛び跳ねた。
[utako] 火星:「―――冷ひゃぁ!?」
[utako] #眼が覚めた様に瞬きして両手両足を確認。見慣れた義手に金属の脚、以前にゲームと称した実験をした時とは違う。
[utako] #ただ知らない感覚ではなく、はっきりとしない何度も夢に見たような…
[utako] #ぼうっと考え様とするが状況が許さなかった。手足から感じる冷気に危険を感じて、どっと心臓が高鳴る。
[utako] 火星:「…あ、っと、だ…駄目だ。寒過ぎる…」
[utako] #慌てて周囲を見渡し、背後の巨大な建造物に気づく。
[utako] #ただただ大きな黒い四角い建物。
[utako] 青年:『――星君、火星君?聞こえてるー?』
[utako] 火星:「は、はい!やっとスピーカー直った…、すみません。ちょっと寒過ぎるから、冷房下げて貰えると…」
[utako] 青年:『外に出ちゃったか…、すぐに対処するから、耐久試験だと思って少し我慢してね』
[utako] 火星:「耐久って…、で、出来れば短めに…、この寒さはすっごく拙いです!すっごく!」
[utako] #半場悲鳴のように懇願していると、四角い建物の壁面が開き、入り口になる。
[utako] 青年:『中に入って、暖を取って防寒具もあるから着てね』
[utako] 火星:(言われるより早く、ずぶずぶと雪の中を進んで建物へと向かった)
[utako] #建物の中はSF映画に出てくるような未来的な構造になっているのかと少しは心ときめかせたが
[utako] #構造は大学棟内を模して作られた様で、生活臭すら感じそうで微妙な気分になった。
[utako] 火星:「……あ、でも普通に暖かいや」
[utako] #身体についた雪を落として廊下の矢印と『こっちだよ^^』というメッセージ文に沿って、構内を進む
[utako] 火星:「(…いつも来てる棟の中だ)」
[utako] #見覚えのある張り紙、壁の傷、部屋を隔てて見えた窓の外は明るく、日常的な風景が見えたが…ゲームの中と言うのもあり、何より今回の実験は大変そうだと
[utako] #感じて先に進む事にした。
[utako] #たどり着いた部屋は奥まったあまり人気のない作業室
[utako] #床や壁に現れる電光掲示板のようなメッセージに従い、中に入る。
[utako] #一瞬、ノイズが走り金髪の少女が見えた。頭の両側から横に何か伸びていたようにも見えたが、一瞬で、それもかなりブレていたのでちゃんとは確認できなかった。
[utako] 火星:(まだ冷たい手先で首を触りながら矢印を確認して、終着だと判断する) 「……えっと、着きました。」
[utako] 青年:『その部屋のロッカーの中に色々と入ってるから使ってね。後は……何か居る?』
[utako] 火星:(ロッカーを物色しつつ、防寒ウェアの上下に手袋、ゴーグルを取って) 「ちらっと女の子が見えました。小学生……か、中学生ぐらいの。一瞬で、今はもう見えません」
[utako] 青年:『やっぱり、犬に噛まれても…狐は狐かな』
[utako] 火星:「?」
[utako] 青年:『他に変なのが見えたりしたら報告をお願いね』
[utako] 火星:「はい。……それで、僕は何をしたら」
[utako] 青年:『そうだった。今回は―――』
[utako] #以前のようなシューティングゲームをするのではなく、今回は言ってみればRPG。
[utako] #大学の地下に行き、そこから通じるトンネルを進み、地下に沸いたモンスターを倒すクエスト。
[utako] #武器はバールのようなものと、喉が渇いたら、と至急されたウィダインゼリー
[utako] #モンスター、地下、と聞いていたので初めはかなりびくびくと進んでいたが、出てきたのが鯛焼きで安心して、勿体無いが容赦なく餡子をぶちまけた。
[arca] #食べなかったのか
[utako] #3秒ルール適応不可だったので
[utako] 火星:(途中からは武器を使うより掴んだり踏んだりするほうが楽なので方法を変えた)
[utako] 火星:(時々鯛焼きについて熱く語る部活の先輩を思い出すが、やたらスパルタな所があるので地味に発散。鯛焼きごめん)
[utako] #数時間後、トンネルの端まで辿り着き
[utako] 火星:「うわ、餡子塗れだよぉ…やだなぁ」
[utako] #味見をしてみようかと思ったが止めておく
[utako] 青年:「はは……、うっぷ。近くの梯子から上に上がって、近くに池があるから…洗浄したら終わろうか」
[utako] 火星:「はい…」
2013/01/20 17:00:00
[utako] #義手は乱暴に使うが汚すのはあまり好きじゃないので、やや唇を尖らせながら梯子を上り、ガラスに覆われた空間に出る。
[utako] #やはり周囲は雪だったが、温泉のように暖かそうな湯気を出している池を見て、気分は向上した。
[utako] #温泉や銭湯と行った類には入る事がまずないので、大きなお風呂と言う感覚に近いだけ嬉しくなった。
[utako] 火星:「…あ、これって……ゲームだった。危ない危ない…」
[utako] #服を脱ぎかけて
[utako] 青年:『……』
[utako] 火星:「腕と脚の洗浄はいつも通りで良いんですか?」
[utako] 青年:『う、うん。そうだね』
[utako] 火星:(大きなお風呂なのに…、と少し残念そうに湯を汲んで餡子を落とす)
[utako] 火星:「ちょっと餡子臭かったですけど……、割と面白かったです」
[utako] 青年:『良かったね。こっちも色々と助かったよ』
[utako] 火星:「最近、友達に梱包財貰って……あれを潰す感覚に近いって言うのかな。でもでも、ビジョンが鯛焼きじゃなかったらもっと面白かったと思います」
[utako] 青年:『食べ物を粗末にするのはいけないね。次からはもう少し手を加え様かな』
[utako] 火星:「ゴキブリとかにするのは止めてくださいよ。カサカサする系とか、べちゃべちゃする系とか……」
[utako] 青年:「要望があったら応えるよ」
[utako] 火星:「あれが良いです。ほら、眼が二つあって、ぷよぷよしてるやつ」
[utako] 青年:『4つくっつけると消える方?』
[utako] 火星:「はい。あれなら、触って気持ち良さそうだし…あのゲームやった事ないから、4つくっつけて消してみたいなぁ…メラ!とか出ます?」
[utako] 青年:『ごっちゃになってるね。そう言う感覚は難しいなぁ…くっつけて消す事はできないだろうけど、ほら、倒したモンスターをカード化するって言うのなら』
[utako] 火星:「デュエル!」
[utako] 青年:『火星君はもうちょっと勉強した方が良いかなぁ』
[utako] 火星:「あれ……、倒すのとはちょっと違う気がしますけど、ポケットな感じの方ですか…?」
[utako] 青年:『駄目だよ、そっちは最近柔らかくなってるけどね。色々と怒られちゃうからね』
[utako] 火星:「ボール投げて、テレルンしてみたいなぁ……」
[utako] 青年:「鯛焼きのままなら、カード化して……ほら、ほら、レシピを、持ち前のモンスターにする…?」
[utako] 火星:「ちょっと解らないですよぉ…」
[utako] 青年:『……だよね。漫画は好きだったんだよね、僕は』
[utako] #勝手に落ち込む青年とおしゃべりしつつ、順調に実験は終わった。
[utako] --
[utako] SE:プシュゥ…
[utako] 火星:(頭のセンサー類を外して、大きく深呼吸)
[utako] 火星:「ふぅ……」
[utako] 青年:『お疲れ様、隣の部屋にお菓子とか用意してるから着替えたら自由に食べてね』
[utako] 火星:「はーい」
[utako] #慣れた手つきでコードを取り、青年がモニタリングルームから出て行ったのでパパッとテストスーツから私服に着替えてしまう。
[utako] 火星:(感覚手袋を装着しようとして、腕の溝に僅かに黒い物が詰まっているのを見つけ)
[utako] 火星:「…こっちもこっちで、もうちょっと丁寧に洗わないと…かなぁ」
[utako] #年末の大掃除の時の締めは腕にしよう、と考えつつ感覚手袋を装着し、指先に血が通うな感覚に身震いする。
[utako] #指がより人間らしく滑らかに動き
[utako] 火星:「むっふっふ」
[utako] #いつやっても楽しいその感覚に自分の両頬を揉みながら、隣の部屋のお菓子を求めて退室した。
[utako] ----
[utako] 火星の冬
[arca] たいやきをばったばったと
[TK-Leana] http://kataribe.jp/ha/ha06/ha06p/2074.html
[TK-Leana] きりきり
2013/01/20 18:00:00
!Quit koichanSRV (Ping timeout: 121 seconds)
+Join koichanSRV to #HA06©trpg.net
2013/01/20 19:00:00
+Join mimio-64 to #HA06©trpg.net
mimio-64 -> mimio-Afk
MorrisAFK -> Morris
[TK-Leana] さて、なんかするべかな
2013/01/20 20:00:00
[TK-Leana] 阿光の行動範囲広げるためにGARDEN訪ねてみたいが、とよりんは今居ない気がする
[TK-Leana] まあそのうちに居る時で良いか
!Quit mimio-Afk (Ping timeout: 121 seconds)
2013/01/20 21:00:00
+Join Hisasi to #HA06©trpg.net
[Toyolina] 居るときならオープンどうぞ
[TK-Leana] ではおじゃましましょう
[TK-Leana] ---
[TK-Leana] SE:からんからん
[Toyolina] 店長さん:「いらっしゃいませ」
[TK-Leana] # くたびれたトレンチコートの襟を立てて、ソフト帽を被ったハードボイルド気取りの中学生が
[Toyolina] #あらためて書かれると中二病すごそうですね
[TK-Leana] # 元々厨二病キャラとして作った男ですからね
[Toyolina] 店長さん:(禁酒法……?)
[TK-Leana] 阿光:(軽く目礼して)「コートは何処にかければいいのかな」
[Toyolina] 店長さん:「コートかけ、使って下さい」
[TK-Leana] 阿光:(さっとコートを脱いで帽子をかけ、カウンターに座る)
[TK-Leana] 阿光:(さりげなく内装を見回しつつ)「この辺りの店に入ることはあんまり無かったんだが、なかなか良い雰囲気の店内ですね」
[Toyolina] 店長さん:「ありがとうございます、ご注文、決まりましたらおっしゃって下さい」
[TK-Leana] 阿光:(メニューに目をやる)
[Toyolina] #コーヒーならなんでもある 紅茶はあまりない 緑茶がふたつみっつ
[Toyolina] #なお酒なら夜
[TK-Leana] # まあ、夕方くらいですね
[TK-Leana] # 中学生だし!
[TK-Leana] 阿光:「コーヒーの種類多いんですね」
+Join mimio-Afk to #HA06©trpg.net
[Toyolina] 店長さん:「コーヒー屋でございますので……」
[Toyolina] #あとメイド服 店員は近所のJKがほとんど おれとく
[TK-Leana] # メイド服はスルーだ。ハードボイルドだしな!
[TK-Leana] 阿光:「お勧めは?」
[Toyolina] 店長さん:「味の好みをお伺いしても?」
[Toyolina] #いくつかあるので
[TK-Leana] 阿光:「酸味が強いのはあまり好きじゃないかな」
[Toyolina] 店長さん:「香りは強い方が?」
[TK-Leana] 阿光:「うん、よろしく」
[Toyolina] 店長さん:「ではマンデリンベースでおつくりしますね」
[Toyolina] #なおお値段は525円のもよう
[TK-Leana] 阿光:「マンデリンか……たしか、インドネシアの豆だったかな」
[TK-Leana] # コーヒーはあまり飲み慣れていないが、ハードボイルド探偵やるために勉強中なのである
[Hisasi] #ここはぐいっとのもうとしてにがっ><とやって欲しい、お約束的に
[Toyolina] #ウドのコーヒー
[TK-Leana] # 酸味が強いのは……とか言うから
[Toyolina] 店長さん:「酸味はほんと、難しいですね。ちょっと間違えると雑味が増えますし
[Toyolina] 」
[Hisasi] #いいじゃないカッコつけで背伸びとか中学生らしくて
[Toyolina] 店長さん:「お待たせしました」
[TK-Leana] 阿光:「専門家でもそういうのがあるのか……コーヒーは相棒が時々淹れてくれるんだが。紅茶を淹れるのは美味いのにコーヒーはイマイチな時が多くてな」
[Toyolina] 店長さん:(フィリップを想像してる)「プレス使えば割と安定して淹れられますよ?」
+Join koi-chan to #HA06©trpg.net
[TK-Leana] 阿光:「へえ、プレスって言うと、上から押す奴ですよね」
[Toyolina] 店長さん:「ええ、紅茶でも使いますよね。アレだったら時間間違えなければ」
[TK-Leana] 阿光:「ふむ……そんな効果な器具でもないし今度買ってみるか」
[TK-Leana] # と言いながら、砂糖なんか入れずそのままコーヒーに口をつけて
[TK-Leana] 阿光:(一瞬、あ、苦い、って顔をするけどすぐに口をへの字に曲げて取り繕う)
[Toyolina] 店長さん:「いかがでしたか?」
+Join arca_ to #HA06©trpg.net
!Quit arca_ (Connection closed)
[TK-Leana] 阿光:「……あ、でも香りが大分違うな」
[TK-Leana] # と言いつつ、メニューに甘いものが無いか探す
[Toyolina] 店長さん:「比率は秘密ですが、ちょっとモカをブレンドしてます」
2013/01/20 22:00:00
[TK-Leana] 阿光:「ほう。オリジナルブレンドですか」
[Toyolina] 店長さん:「焙煎は自分ではしてないんですけど、ブレンドは自分でしてます……」
[TK-Leana] 阿光:「ふむ、焙煎はやはり専門の人に任せた方が?」
[Toyolina] 店長さん:「自分で全部出来るスーパーな人もいますけど、私は、既にすばらしい焙煎職人の方の
[Toyolina] 仕事があるので……それを使わせてもらってますね」
[TK-Leana] 阿光:「なるほど……それは気になる情報ですね、店を開いてる方ですか?」
[Toyolina] 店長さん:「山の方で業販専門で焙煎してる人……うん、人ですね」
[TK-Leana] 阿光:「山ですか……この辺は割と山ばっかりだが」
[Toyolina] 店長さん:「豆要るなら、原価+容器代(原価)で分けてあげられますよ?」
[TK-Leana] 阿光:「ははは、よろしくお願いします。でもまあ、店の雰囲気と、マスターの淹れる味を堪能するのは、豆を勝手帰るだけじゃどうにもなりませんね」
[Toyolina] 店長さん:「まあ、それでお代頂いてるわけですし、そう言って頂けると嬉しいです」
[TK-Leana] 阿光:「今度来るときは相棒も一緒に連れてきますよ……」(香りを堪能しつつちびちび珈琲を飲む)
[TK-Leana] # 一気に飲むと苦い
[Toyolina] 店長さん:「一回10キロも豆買って帰るわけにもいかないですしね」
[Toyolina] #賞味期限過ぎる
[TK-Leana] 阿光:「あんまり多くても、使わないうちに味が落ちると哀しい」
[Toyolina] 店長さん:「相棒って、今の中学とか高校って、そういう言い方するんです? うちの子たち言ってないんで、気になります」
[TK-Leana] 阿光:「ああ、俺は見ての通り……探偵をやってるんで。その相棒です。他ではあんまり聞かないな」
[TK-Leana] # 探偵をやってるんで、という中学生
[TK-Leana] # 丁度二年
[Toyolina] 店長さん:「あ、そうなんですか……探偵っていうの、もしかしたら初めてかも」
[Toyolina] #見ての通りとか辛いw
[TK-Leana] # あれ、店長鐘継とは面識なかったっけ
[Toyolina] #そういえば
[Toyolina] #彼が探偵という意識が僕の中でかなり欠損してた
[TK-Leana] # 里見の常識人枠という立ち位置
[Toyolina] 店長さん:(あ、でもないか)「ぜひ相棒の人と一緒にきてもらえたら。事件ないときとかに……」
[TK-Leana] 阿光:「雰囲気の良い店だし、探偵みたいなのも入り浸ってるかと思いましたが……ふむ、他の同業者は自分で淹れてるのかな」
[TK-Leana] # 阿光の中の探偵のイメージ。コーヒーを飲む
[TK-Leana] # Barとかにも居ることがある
[TK-Leana] # カウラと掛け合いしてると大分印象薄れてたが、こいつかなり高水位の厨二病だったw
[Toyolina] #あっちも高位の中二病マスターですからね
[Toyolina] 店長さん:「どうなんでしょうね、私は探偵の人がお客さんにいるってあまり想定してなかったので、実はいるのかも」
+Join MOTOI to #HA06©trpg.net
[TK-Leana] 阿光:「きっとそうですね。変装するのも探偵の仕事だし」
[Toyolina] #想定客層:ロマンスグレー
!Quit koi-chan (Quit: 鯉は川底の寝床に帰りましたとさ、おしまい。)
[Toyolina] 店長さん:「自分で探偵っていうの、結構珍しいかもですね」
[TK-Leana] # ロマンスグレーとメイド女子高生を眺めながらコーヒーを淹れる仕事
[TK-Leana] # 店長さん良い身分ですね
[Toyolina] #さいこうやろ
[TK-Leana] 阿光:「そうですね、みんな事件が無いと名乗らないのかも」
2013/01/20 23:00:00
[Toyolina] 店長さん:「実は私も探偵かもしれません」
!Quit meltdown (Quit: 皆様に「砂漠の風」のあらんことを)
[TK-Leana] 阿光:「美人女将が探偵って言うのはよく聞くが、喫茶店のマスターがっていうのはあまり聞きませんね」
[Toyolina] 店長さん:「小説とかだったら最近割とあるかんじですけど、実際にはいないですよねえ」
[TK-Leana] 阿光:「理想と現実はなかなか合致しないものさ」
[Toyolina] 店長さん:「お仕事大変そうですしね……」
[TK-Leana] 阿光:「なかなか副業で探偵という訳にもいかないんでしょうね……さて」
[TK-Leana] # コーヒー飲み終わってカップを置く
[TK-Leana] 阿光:(時計をちらっと見て)「ありがとう、有意義な時間でした」
[Toyolina] 店長さん:「またのお越しをお待ちしてます」
[Toyolina] #学割どうしようとか笑顔の裏で考えているのだった
[Toyolina] #学生なら学割だが探偵だししなくてもいいかな的な
[TK-Leana] # 聞いてないのでメニュー通りの値段払いますね、阿光は
[Toyolina] #こっちも探偵としか効いてないので失礼になるかと考え……普通に525円ちょうだいした
[TK-Leana] 阿光:「今度はもっとゆっくり出来る時に来ますよ。それでは……」(1025円から500円玉おつりをもらい、ばっとコートを着込んで颯爽と立ち去る)
[Toyolina] 店長さん:「……少年探偵……」
[TK-Leana] # まあ店長さんも見た目ロリだしな!
[Toyolina] #ええ
[Toyolina] #合法ロリ
[Hisasi] #合法ロリなのに既に港の女の雰囲気もかもしだしているという
[Hisasi] #店長さんの属性が幅広すぎる
[TK-Leana] # 狼の帰る場所
!Quit H_Aoi (Quit: おやすみなさい)
[Toyolina] ドリームハウス状態
[TK-Leana] http://kataribe.jp/ha/ha06/ha06p/2126.html
[TK-Leana] きったきった
[Toyolina] わあい
[Hisasi] おー
!Quit mimio-Afk (Quit: Leaving...)

The following two tabs change content below.
クリエイターズネットワーク公式IRCボット「Role」ですの。公式チャンネルのログを記録・公開しておりますわ。
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。