ど素人から職業クリエーターまで、TRPGと創作で架空世界を楽しむコミュニティ。TRPG+PBW+キャラチャ+創作。

狭間06エピソード集

エピソード『引き籠りブラザーズ』


目次


エピソード『引き籠りブラザーズ』

登場人物

赫焔丸竜
元引き籠りブラザーズ。最近鍛え直すため外に出るようになってきた。
マナ
まだ引き籠りブラザーズ。引き籠り仲間が居なくなったので暇。
無戸室近衛
竜やマナの父。

本文

[utako] #フィネストラ吹利403号室、リビング

(指先の修行にと服の繕い)
マナ
(じー……)

[utako] #黙々とジーパンの穴を直し、黙々とその作業を見ている

「……何だ」
マナ
(ぼそぼそと)「ジーパン……血」
「……気にするな。染織のようなものだ」

[utako] #プスっと指を刺すが、気にせず続ける

マナ
「……楽しいのそれ」
「……楽しい楽しくないでやっているわけではない」
マナ
「……縫い方汚い」
「……うむ」
マナ
(ごそごそと棚からハンドミシンを持って来て差し出す)
「……使い方が解らん」
マナ
「こうして、こう……貸して」

[utako] #糸を通して電池を入れ、カタカタと縫っていく

「……慣れているな」
マナ
「……ハイディのほうが上手だよ」
「……いつのまに……学んだ」
マナ
「暇な時に……」
「……お前の役割は移動だからな。時間もあまるのか」
マナ
「呼ばれた回数なら、竜より多い」
「……」(ぐぅ
マナ
「時間の使い方が、竜は下手だと……思うよ」
「……そう思われていたとは、初耳だ」
マナ
「初めて、言ったから」
マナ
(竜にジーパンを返して、古くなったタオルを取ってくる)
(修行再開)
マナ
(竜の使っている裁縫セットから道具を拝借して、雑巾と台拭きを作り始めた)

[utako] #元々空間制御、亜空間航行なんて異能を使い、触手うねらせてる手前、覚えが早いわけではないが末端部の扱いも器用で集中力もある。
[utako] #向かいあって、時折ミスを指摘されながら黙々と作業に没頭する。

見守る親父

近衛
(珈琲を飲もうとリビングに行こうとして、扉越しに見えたヒキコモリーズを少し眺める)

[utako] #構想で言えば門音達よりも何年も早い段階に産まれていた『クリーチャー』の四人。門音を始めとした3人はある意味特殊だったのが今なら解るが
[utako] #『クリーチャー』は先発の『デザイン』後発の『シンボル』と比べて成長が遅いと考えた事もあったが、確かに進んでいる子供達を見て
[utako] #ほんのり安心しながら作業室に戻った。

時系列

2013年3月

解説

ジーパンを繕う竜と、それに口出しをするマナ。
The following two tabs change content below.
utako
とにかく、元気いっぱい!ぶらりんぱわーではぴはぴ! 常識的な子は少ないけど、それでもあまり修正しないところがはぴはぴ!Paとジト目担はこちらです
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

*

トラックバックURL